MENU

n-3脂肪酸のうち、魚脂に多く含まれるEPAは血栓を防ぐことから、心臓の突然死を防ぐのに有効であると報告されている。
DHAは脳や網膜に多く存在し、気分障害に効果があるといわれている。

 

食べ物からの摂取が必要

 

脂肪酸とは、いわゆる脂肪(中性脂肪)の成分です。
中性脂肪はグリセロールに3つの脂肪酸がついています。

 

脂肪酸は炭素原子がつながっている構造をしていますが、2重結合の無いものを飽和脂肪酸といい、動植物の脂肪に多く分布しています。

 

2重結合の1つのあるものは一価不飽和脂肪酸といわれ、オリーブ脂などに含まれるオレインさんが有名です。天然の脂肪のうちで最も多いものです。また、、2重結合が多いものは、多価不飽和脂肪酸と呼ばれますが、これらは体内で作ることができないので、必須脂肪酸といわれます。

 

高不飽和脂肪酸の中で最も有名なのが、DHAとEPAでしょう。

 

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエンサンの略名です。
これらはn-3(またはオメガ-3)脂肪酸といわれます。

 

これは2重結合が最初から3番目の炭素についていることを示すものです。
もともとはリノレン酸というしぼうさんからできていますこのリノレン酸がEPA、さらにはDHAに変換されるのです。

 

>>トップページへ戻る